トップページ
>
よくあるご質問

よくあるご質問

Q:パチンコ店の正社員経験がありませんが正社員になれますか?

A:未経験の方でも良い方と出会えれば積極的に採用していきたいと考えられている
企業は沢山あります。
即戦力として、目の前の人材不足を解消する必要がある場合、一時的に
経験者優遇とされる企業もありますが、求人をかける背景はそればかりではありません。
異業種で培った知識、経験を活かし枠の外の発想、斬新なアイディアを持ち込んでもらえる
人財を求めています。
キャリアがあるからこそ刺激がなく、惰性で仕事をしてしまっている
社内環境に新しい風を取り入れ、既存メンバーに刺激を与える効果を狙うなど
企業は様々な観点で採用に力を注いでいます。
パチンコ業界は接客業と言っても過言ではありません。
異業種で経験した接客力で、お客様満足の創出にぜひチャレンジしてください。

Q:内定から入社までにどれくらいの期間が必要ですか?

A:求職者さんの状況により大きく変わる部分があります。
離職中なのか在職中なのか。
離職中の方は内定通知、入社許諾後に入社日の決定、雇用契約の締結など
手続きを完了し入社となります。
ここまでの期間は、企業と日程調整を行いながらおよそ10日〜14日程度が多いです。
在職中の方は、退職の旨を告知し残務処理期間を設け、内定通知から1ヶ月後、
業務責任の軽重により責任のあるポジションの方の場合は2ヶ月が目安です。

Q:経験はありますが退職から数年のブランクがありますが転職できますか?

A:ブランクがあることで選考が不利になることはないと思います。
ただ、当時退職した理由、1度離れた業界に再度チャレンジする理由を明確にしておく
必要があります。
ブランク期間中にどのような経験をして、どのような力をつけたか、
その経験から業界復帰した際は、どのような力を発揮できるか、
を具体的に面接官に伝える準備をすることがとても大切です。

Q:在籍したままの転職活動は可能でしょうか?

A:もちろん可能です。
在職中に転職活動を行い、トラブルなく退職し入社に至るという流れが理想です。
予め会社に辞めることを伝え、退職日を決めた後、オープンに転職活動ができるのが
トラブルなく最善だと思います。
しかしながら、こうした形で最後まで気持ちよく働ける環境の会社は少ないでしょう。
結果、実際は会社に公表せず転職活動をする人が多いです。
また、在職中の転職活動は、曖昧になりがちです。
なぜなら在職中だからという甘えが発生するからです。
そのことにより周りへ迷惑をかけることがないよう、ご自身でしっかり決めて
行動することを強くオススメします。

退職後に転職活動をする場合、最も気を付けていただきたいのは、ご自身で
必ず〇〇日、〇〇ヶ月で内定を決めるぞ!!という強い覚悟と意識を持つことです。
そこから逆算し行動していきましょう。
職に就いていない期間が長くなるほど、企業側の心証は悪くなる可能性が高いです。

Q:自宅から通える範囲で働きたいのですが大丈夫でしょうか?

A:転職活動する上で私生活を重視する方も少なくはありません。
企業の大小で可能な場合もあります。
しかし、全国展開している企業ではまず、ハードルになるでしょうと
言わざるを得ません。
多くの企業は、店舗異動を経験しキャリア形成します。
ご自身のキャリアアップのために果敢にチャレンジする方を採用したいという
企業の想いは大きいでしょう。

Q:中途入社でもキャリアアップはできますか?

A:採用されたからには、チャンスは平等だと思います。
ご自身の熱意、努力と成長することが肝心です。
まずは、与えられたフィールドでどこまで活躍できるか、果敢にチャレンジしてください。
期待以上の成果を上げることで、少しずつ大きな仕事を任されます。
この繰り返しで会社から承認され職位が上がります。
指示待ち、与えられた仕事をこなす、淡々と仕事をす、は当たり前以下と認識し
自らできることを探し取り組み、極める積極性を持ち勤務しましょう。

Q:応募から内定までのフローを教えてください

A:1、応募受付
2、コンサルタントとの面談
3、企業説明
4、履歴書・職務経歴書作成
5、書類選考
6、一次面接
7、二次面接(一次のみ、もしくは三次までの場合あり)
8、内定
応募を決定した後は、弊社コンサルタントが企業面接設定までトータルサポートいたします。

Q:なんでパチンコ屋で働きたいのですか?に、うまく答えることができないのですが・・・

A:働きたいと思える理由は何でしょうか?初めから上手くまとめようとしなくても大丈夫です。

まずは、就業を希望する上で動機となっているキーワードから見つけてみましょう。例えば、「給与が高い」、「寮・社宅など福利厚生が充実している」、「キャリアアップが早くできそう」、「知人が働いていて良い話を聞いた」、「ユーザーでよく遊びにいくから仕事にしたい」など、本当に簡単なモノで結構です。

その後、数ある会社の中でもその会社に応募した理由を見つけていきましょう。「なぜ当社を志望されたのですか?」という質問はどの面接でも必ず聞かれる項目です。聞かれた時に黙って返答に困るようではよくありません。その企業がどのような店舗を運営しているかやパチンコ業界の市場動向・現状などについては、インターネットでも沢山情報を得ることができます。チェックをすることで、業界の展望やその会社の企業理念を知ることができます。

ネット上に情報として公開されている内容は企業側からの広報的なものですので、志望理由として参考にすることが可能です。パチンコホールはどの店舗も独自のカラーがありますので、まずはその店舗について調べてみてください。他店舗との優位性や、行なっているサービス、勤めている社員の雰囲気などからも会話はできると思います。答えられる材料の集め方さえ知れば、あとはどう調理するかです。同じ料理でも、入れる材料によって、その味も見た目も変わってきますよね?ですから、上手く答えるためにも、まずは幅広く多角的にその材料を見つけるところからはじめてみましょう。

Q:前職の退職理由が人間関係だったのですが、面接でどのように伝えればよろしいでしょうか?

A:退職理由の質問に対し、周囲の環境や人間関係等を理由に退職をした旨を説明した場合には担当者の印象はよくないでしょう。

人間関係を退職の理由として述べることは極力避けるべきですが、止むを得ない場合には一方的に他人を非難することのないよう注意が必要です。上司や同僚との関係が悪化してしまった場合に「関係改善の為にどのように考え、どのように実行したか」といった内容や「それを経ての現在の考え」を客観的な視点で、トラブルの中から自身が何を学んだかという内容で話せるようにしておいた方が良いでしょう。人間関係や職場の環境をきっかけに退職する方は決して少なくないかもしれません。

重要なことは、それをきっかけにどう自分を前向きに成長させることが出来るかが大事だと思います。ご自身の今後のビジョンや夢をどのように実現させる為の転職なのかという観点から退職理由を説明してみてはいかがでしょうか。

Q:紹介会社を通じて面接するのが初めてなのですが、どのようにしていたら良いでしょうか?

A:厚生労働省の許認可を受けた民間会社が、人材を採用したい【企業】と仕事を求める【求職者】の間に入り、双方の希望や条件を伺った上で、マッチングし雇用関係構築のお手伝いをするサービスです。

転職活動をされている求職者にとって人材紹介サービスは、転職活動を開始する段階から入社に至るまでをトータルサポートしてくれるサービスのことをいいます。こうした民間の人材紹介会社は成功報酬型をとっているケースがほとんどの為、企業側から採用1名につき契約に基づいた料金を頂戴する形式となっています。

その為、サービスを利用する求職者はお金を支払う必要がなく、無料で転職支援を受けることが可能です。個人情報に関しても、厚生労働省の厳正な審査・許可の下行なっており、違反した場合は許可番号の取り消しなど様々な法整備がなされている為、安心してご利用頂けるかと思います。

中でも弊社はパチンコ業界に特化しておりますのでパチンコ業界での就業・転職を考えられている方にとってその活動のサポート役としてご相談を多く頂いております。

Q:初対面が苦手でして・・・良い第一印象を与える方法を教えて欲しいです。

A:服装、髪型、表情など、パッと見た第一印象から評価はすでに始まっています。面接には社会人として清潔感のある服装で臨み、第一印象で点を落とさないようにしましょう。参考にして頂きたいポイントは以下7つです。

① 良い意味で開き直る
② 質疑応答は簡潔に
③ 選考官としっかりアイコンタクトをとる
④ 言葉には抑揚をつける
⑤ 将来ビジョンはしっかり伝える
⑥ 等身大の自分で最大限のアピールを
⑦ 自分の言葉で伝える

どうしても緊張で固くなってしまう面接ですが、基本的には面接も、自分と面接官のコミュニケーションにすぎません。余計に良くみせようと自分を飾ったり短所を隠そうとしたりするから動揺が生まれます。面接官は何人もの求職者と選考をしてきているはずですから目が肥えている面接官に小細工は通用しないと考え、素直に自分自身を出しましょう。
入退出の動作や身なりといった部分の礼儀も選考に影響しますが、何よりも大切なのは、話す姿勢です。中でも目の表情は大きな役割を果たしますので、意欲や考えをしっかりとアピールする為にも選考官と目を合わせ、抑揚をつけて話すということも意識しましょう。

Q:面接が苦手です・・・短所や長所を聞かれたらどのように答えたら良いでしょうか?

A:まず長所の回答ポイントは、応募企業で求められている人物像をイメージすることです。

粘り強い営業力を求めているのであれば、「私の長所は、粘り強く最後まで諦めないことです。前職では店舗責任者として高い売上目標を課せられていました。徹底したコスト削減は勿論、設定・釘調整から接客の見直しまであらゆる側面で改善を図り、グループで一番の不採算店だった店を、結果的にはグループ内で一番業績の良い店舗と言われるまで立て直すことができました」と回答し、

長所だけでなく具体的な経験事例を添えて回答してください。

経験事例がないとどうしても抽象的な表現になり、選考官の印象に残りません。また、具体的な経験事例からあなたの活躍する姿をイメージしますので、最後まで諦めないという長所であれば、例えば「3日間徹夜して納期を守った」、交渉力に優れているのであれば「他部署の協力を得て成果を上げた」など、インパクトのある事例を含めて回答してください。

続いて、短所についてです。
選考官は、短所が仕事にどのように影響するかを気にしますので、印象に強く残らない当たり障りのない回答をすべきです。例えば短所で「短気です」と回答すれば、面接官は、既存の社員や顧客と問題を起こすのではと懸念を抱くかもしれません。長所と短所は表裏一体と捉えて、短所が長所とも言えるような回答を意識してください。

更に短所については、単に回答するだけでなく、自己の問題点に対して改善しようと取り組んでいる行動も合わせて回答されると良いでしょう。

例えば
「短所は、熱中してしまい時間を忘れてしまうことがありますが、時間管理をきちんと行うよう意識して行動しています」と回答すれば、長所として集中力があると受け取ることもできますし、短所を自覚して行動している点も評価できます。

短所の回答から具体的なエピソードを求められることがありますので、事前に用意しておきましょう。

Q:転職に関して、正直ボヤッとしています。。そんな時でもしっかりとした志望動機をどのように示したら良いですか?

A:転職活動においては、企業との面接は大変重要なものであり、面接をクリアすることで内定獲得に大きく近づくものとなりますが、その面接において、必ず聞かれるのが「在籍した企業の退職理由」「今回エントリーした志望動機」となります。この項目において、企業担当者の満足のいく回答ができないことや、的外れな見解を伝えてしまうと残念な結果につながってしまいます。

しっかりとした志望動機を作るためには、先ずは自分自身の前職の退職理由を明確にすることが必要となります。社風や理念に共感できなくなった、将来性に不安を覚えた、など色々な退職理由がありますが、転職の目的は、前企業を退職するきっかけとなった理由を解消することであり、退職理由を達成できると感じられるところが理想の転職先となるのです。

そのあとは、できるだけ企業情報をホームページや転職アドバイザーから収集することや、可能であれば実際に店舗を視察して色々な情報を得ることをお勧めします。特に店舗視察は、転職活動の時間的制約から、求職者全員が行えることではないので、企業の担当者への印象も良くなるものとなります。

現在の転職市場においては、1つの採用枠に対して何人もの求職者からエントリーがあります。その多くの求職者の中から内定を勝ち取るためには、他の選考者に無い熱意や努力、深い志望動機を伝えなくてはなりません。しっかりとしたものを作りためには、事前準備から差が生まれるものなのです。

Q:パチンコ業界に転職するのは初めてなのですが、有利な資格や経験はありますか?

A:パチンコ業界で転職をする際には、パチンコ店スタッフとしての採用や本部専門職としての採用や、遊技台メーカー・販売会社への採用、システムなどの営業職採用など、様々な選択肢があります。基本的にどのような職種であっても、資格を持っていることで優遇されることはありませんが、業務の中で車を使用する頻度が高いので、普通自動車免許を持っていることを採用条件に盛り込んでいる企業はあります。

過去に経験した業務においては、入社後に配属される部署の業務内容から、前職での経験者を優遇することはあります。本社経理部門を求めている企業が経理職経験のある人を求めるケースや、営業職を求めている企業が営業職経験者を求めるケースなど、即戦力者を採用したい企業は経験を重視しています。

近年は教育体制が整備されている企業も多くなり、専門分野の知識は入社後の研修で身に付けてもらうという考えが増えています。それよりも、パチンコ業界はサービス業であるという認識のもと、サービス業の慢性的な労働力不足から、採用した人により長く働いてほしいという考えが色濃く表れ、資格や経験よりも転職者の人物性やコミュニケーション能力を求める企業が多くなっています。

どんなに資格や経験を持っていても、サービス業従事者として相応しくなければ組織に溶け込むことも難しくなり、お客様対応や営業職としての仕事も成り立たなくなってしまいます。有利になる資格や経験という発想よりも、サービス業としてとらえているかを考えてみて下さい。

Q:自分の個人情報で言いたくないことを伏せて内定をもらいました。入社後にそれが発覚した場合、どうなりますか?

A:経歴詐称を原因とする解雇の問題は、解雇を巡って生じる一つの大きなテーマです。

この点が裁判で争われたいくつかの例をみると、懲戒解雇事由として会社が用いる根拠は就業規則規定や、入社時に提出する誓約書といった物のようですが、その解雇判断が有効か無効かは一概にどちらとも言えません。なぜなら、採用を望む求職者が、採用面接で自己に不利益な事項を質問された場合、積極的に「虚偽の事実」を答えることにならない範囲で回答し秘匿しておけないかと考えるは当然であり、採用する側は、その可能性を踏まえて慎重に採用判断をすべきであると考えられている為です。

質問がされていない状況で自発的に伝える義務まではないとしても、質問に対して意図的に事実を隠すことについてはマイナス評価がされるという点は注意が必要です。また、企業の懲戒権が、企業秩序の維持のために認められていることを踏まえると、単に「嘘をついたから許さない」ということではなく、それによって企業秩序がどのように侵害されるのかが具体的に検討される必要もあります。

Q:労働条件を内定前にしっかりと確認する方が良いですか?その場合にやることは何ですか?

A:本来、労働基準法では、会社と社員との間で労働契約を交わすことが定められています。

労働契約には、職種、勤務地、勤務時間、休日、賃金の支払方法などを明示しなければいけないことになっています。給与以外は口頭でも構わないことになっていますが、給与に関しては文書で提示が義務づけられています。こうした条件面での質問は、電話で応対した人が決められる立場とは限りませんので、面接中に確認しご自身の中にある不明点を解消しましょう。具体的な回答が得られるとは限りませんが、応募者の一般的な質問として許容されるはずです。

仮にこうした部分がきちんと提示されないようでしたら、企業体質に問題があるかもしれません。入社後に、「こんなはずではなかった!」と嘆いても、合意のもとで採用したといわれれば反論もできず、お互いに気持ちよく仕事ができません。企業を比較する場合には、初任給など一時的な給与額にとらわれず、将来性や社風、どれだけ期待されて入社するかなど、総合的な面で判断されたほうがいいと思います。

Q:いくつか内定をもらったので、特定企業の内定を辞退するケースがあった場合、転職活動に影響はありますか?

A:転職活動を進める際は、自分自身が興味を持った企業の選考を進めていきますが、選考が進むにつれて、当初描いていた企業像との違いを感じ、内定をもらっても辞退することは良くあることです。また、複数の企業で選考を進めている場合、複数から内定をもらっても入社できる会社は一つであり、他の会社には内定辞退の旨を伝えなくてはならないのです。

基本的には、内定をもらった企業に必ず入社しなくてはならない、という決まりは無く、内定を辞退することは法律的にも問題はありません。そして、内定を辞退したことでその後の転職活動へ影響することもありませんが、きちんとした形で辞退の旨を伝えないと、トラブルにつながることは十分に考えられます。

〇なるべく早く伝える。
あなたから内定辞退の連絡があった際、次点の選考者を採用したいと考える企業もあります。これが内定後すぐではなく期限直前になっての辞退となれば、採用計画を一から見直さなくてはならないことになりますので、辞退するのであればとにかく早く連絡を入れるようにして下さい。

〇音信不通や嘘を伝える。
同業種であればもちろんのこと、次の転職先で今後のビジネスパートナーになる可能性はありますので、音信不通や嘘ではなくきちんとした形で内定辞退を伝えて下さい。何年後かに会った際に、「面接のときに気まずい思いをした」となるのか「面接のときはお世話になりました」と言えるかで、あなたの仕事の幅も大きく変わります。

Q:パチンコ業界が未経験です。その場合は、自分自身の何をアピールすると良いのでしょうか?

A:近年の若者層の労働力不足から、パチンコ業界でも人員確保が難しくなっており、未経験者を積極的に採用する企業が増えています。しかし、応募者全員を採用する訳ではなく、未経験者もしっかりとアピールをしないと中々内定をもらうことは難しくなります。未経験者がアピールできるポイントは以下のようなものが主に挙げられます。

パチンコが大好きである→「好きこそものの上手なれ」という言葉があるように、好きなことには積極的に関わることから成長が早いと言われています。ユーザー目線を持ち、業界の知識や遊技方法について理解のある人は早期戦力化が見込めるため、パチンコが好きという点は十分にアピールすることができます。

接客業の経験がある→パチンコ業界はサービス業としての考えが定着しており、接客に力を入れている企業が多く見られます。近隣競合店に劣ることなく最低限のサービス提供を続けない限り、顧客が離反することが十分に考えられる状況です。そのため、サービス業での業務経験があることは十分にアピールすることができます。

サービス業に相応しい人柄である→サービス業経験の有無に関わらず、おもてなしの心やホスピタリティを持ち合わせているか、という点になります。これは求職者が今までの人生で培ってきたものであり、転職活動で急に変われるものではありません。お客様と接することが天職という人や、苦しいときでも笑顔で接することができる人はぜひアピールしてほしいと思います。

Q:ぶっちゃけより高い給与を求めています。仕事を探す上で給与だけを重視することはリスクですか?

A:例えば給与を、転職時の初任給だけで判断すると、一時的には月収が増えても、賞与を含めた年収額など長期的にはマイナスになることも予想できます。

全くの未経験であれば、年収ベースで現状より下がる可能性もある為、入社後の昇給昇格制度や職務内容についても、経験のある職種へ転職されるより慎重に検討する必要があるかと思います。また、管理職になれば残業手当が支給されない為、一時的に給与がダウンする企業もありますが、全ての企業がそうとは限らず、残業手当以上の役職手当を支給する企業もあります。経験を活かせそうと考えられる企業にできるだけ多く応募し、多角的に比較検討された上で最良の転職先を見つけるのがベストでしょう。

Q:転職する時の基準はどのように持てば良いでしょうか?また、どんなポイントを抑えたら良いでしょうか?

A:全ての人に言えることがあります。それは、転職の目的は何ですか?です。この問いかけには、明確に答えることができた方が良いでしょう。そして、転職した後のことを考えても「入社後の自分のビジョンが描けている!」この状態が最も好ましいです。お金や待遇面だけで判断は当然だと思いますが、ご自身の目的が明確ではないと、どこで働いても満足を得られる結果をつくるのは難しいかもしれません。今一度、転職の目的を明確にしたい場合は、パチンコヒーローズの転職コンサルタントがお伺いしますので、ご自身のご希望をオープンにお伝えして頂ければと思います。

Q:転職活動をしたいのですが、今も働いております。その場合どのようにするのが望ましいですか?

A:一般的に、転職活動を始めてから次の会社が決まるまでには1ヶ月〜2ヶ月くらいかかると言われおり、より多くの選考を受ければそれ以上の時間を要することになります。そのため転職活動は、休職中ではなく、働きながら進める形が望ましいものとなります。しかしながら、多くの人がスケジュール調整が中々思い通りにはいかないと嘆いているのも事実です。仕事をしながら転職活動を進めるためには、2つのポイントを押さえておく必要があります。

○LINEやメール・SNSの活用方法
働きながらの転職活動において、拘束時間内にタイムリーに電話対応することは非常に難しいです。LINEやメールやSNSを有効活用すれば、転職に必要な資料や情報交換を直接キャリアコンサルタントとできるので、選考や面接日程調整なども問題なく行うことができます。働きながら効率的に転職活動を行えている人は、LINEやメール・SNSを有効活用しています。

○日程調整、スケジュールの共有
働きながらの転職活動において、1番難しいものが企業との面接日程調整となります。企業の人事担当者は、中途社員の面接を行うことだけが仕事ではありませんので、面接の予定確保が難しいことが多いです。しかし、事前に求職者のシフトや勤務時間を共有できれば、キャリアコンサルタントが企業との日程調整は行いますので、働きながらでも有効に時間を使った転職活動が行えるのです。

このように、キャリアコンサルタントと密な連携を取っていれば、働きながらでも転職活動を行うことは十分に可能です。退職後ではなく、働きながらでも時間を有効活用した転職活動の方が良い結果につながるのです。

Q:書類を書くのが苦手です。選考に影響はどれくらいありますか?具体的な攻略方法はありますか?

A:就職や転職時に必要な応募書類は基本的に「履歴書」と「職務経歴書」の2種類があります。パチンコヒーローズに掲載されている案件のほとんどは、履歴書のみで応募できます。

履歴書はご自身の基本的なプロフィールを記入するものと覚えて下さい。

だからといって軽く考えてはなりません。あなたの人物像はこの一枚の履歴書と、そこから職務経験、業績、職務遂行能力、長所などの全体的なイメージをつかみ取ろうとします。履歴書はパチンコヒーローズに登録するとwebで作成ができますので、そちらから作成してください。担当のコンサルタントが色々とお手伝いさせていただきます!

通常であれば、就職や転職に一番重要なのは、「職務経歴書」になります。パチンコヒーローズの掲載求人の中にも職務経歴書を重視する案件が複数あります。

書類選考での合否は、ほぼこの「職務経歴書」で決まるといっても過言ではありません。色々な視点がありますが、即戦力となり得る人材や自社に定着して貢献してくれる人材を見極めるのが面接官の仕事ですので、その第一印象は職務経歴書とも言えます。

職務経歴書の作成ポイントはまず、見やすさ、分かりやすさです。パチンコヒーローズでも作成が可能です!余計な情報が多くならないように、担当コンサルタントのフォローを受けながら、作成してみましょう!

弊社コンサルタントの職務経歴コーチングを受けながら作成してみてください!面接の場でご自身の良きプレゼンツールという視点で、洗い出した強みや実績などが炙り出され、書類選考の次のステップ「面接」の場でもスムーズに対応できるようになります。

全て無料で受けることができますので、是非ともお試しくださいませ!

Q:あまり時間をかけて転職したくありません。なので、1社だけではなく複数社選考を受けたいのですが、大丈夫でしょうか?

A:転職活動の進め方についての正解は無く、求職者のやりやすい方法で進めるのがより良い結果につながるものとなります。そのため、1社ずつ選考を進めていくのが良いのか、一度に複数企業の応募を行うのが良いのかは求職者によって違いがありますが、それぞれに注意する点があります。

1社ずつ選考を進めると、1つの企業のことを集中して考えることができるため、面接対策や企業研究をじっくり行うことができます。反面、比較対象が求職者の今まで経験した企業となるため、全ての条件に納得しない限り、最終最後の入社の返事をするときの判断が難しくなってしまいます。

一度に複数企業の応募を進めると、選考企業のことを同時に考えなくてはならないため、どうしても情報が拡がり薄くなってしまいます。反面、複数から話を聞くことで選択肢を多く持てるようになり、求職者の判断基準も明確になりやすくなります。そして何より、転職活動に関してのポイントを押さえやすくなり、面接時の対応や、履歴書・職務経歴書も企業に合ったものが作成できるようになります。

転職活動は自分自身の将来を決める大事な場となりますが、一方で他社を知ることができる貴重な場でもあります。転職活動を通じて新たな気づきを得ることや、社長や面接担当者に共感したことで入社を決意する、ということもあります。選択肢を多く持っていた方が今後の人生のプラスにもなりますので、複数企業の応募をお勧めします。

Q:退職の理由として、会社都合と自己都合で印象が悪いのはどちらですか?

A:会社都合による離職の場合は経営不振や倒産による解雇と想像されることが多いです。そうではなく、就業に適していないと言った場合や、勤務成績不良と判断された上の解雇、人間関係が良くないなどの理由や家庭の事情などでの離職では、企業側の見方は違ってきます。

自己都合の退職理由については選考企業が納得できる説明が必要になります。勤務期間や転職回数、転職理由などが判断材料となります。

近年では経営不振によるリストラや倒産も珍しくありませんので、これらの理由で離職となっても転職においてそれほど影響ないとは思いますが、後者にあたる理由でとなると、転職先に与えるイメージが良いとは決して言えません。

離職の理由は、退職後にも影響します。自己都合の場合は本人の意思による退職なので、働いた賃金や退職金以外のものが支払われることはありませんが、解雇の場合は、企業側が30日前に予告するか30日分の賃金を支払い、すぐに解雇が成立します。失業給付金の手続きでは、会社都合による場合、7日間の待機後に支給されますが、自己都合による場合は、さらに3カ月以上の待機日数があります。

退職理由は再就職の際とても大切な選考基準となります。転職や再就職に際して、それ相応な説明できるのであれば、退職はどのような理由でも問題ないと思われます。

Q:お仕事の契約期間中でも退職できるものでしょうか?

A:辞職することは可能です。契約期間途中である場合、「正当な理由」があれば、問題ありません。

1年超の期間を定めた労働契約を締結している場合には、労働契約の初日から一年を経過した日以降において、使用者に申し出ることにより、いつでも退職できます(労基法 137 条 ただし、専門的技術者、満60歳以上の労働者は除外)。また、会社が残業代を支払わないなどの労基法違反を行っている場合や悪質なセクハラ、パワハラなども雇用契約を解消することができます。

さらに、実際の労働条件が労働契約と相違する場合においては、労働者は即時に労働契約を解除することもできす(労基法第 15 条第 2 項)。また民法 628 条は「やむを得ない事由」がある場合は解約を認めており、以下の事由などが該当します。

1. 業務が法令に違反していること。
2. 両親や子供の病気の介護など。
3. 心身の障害、疾病など。

労働契約の途中で退職する場合、契約不履行で退職を認めてもらえないといったケースをよく耳にしますが、法律上では上記のようになっています。しかしながら円満退職が最も良いです。退職の事情説明は個人の責任でしっかりと話すように心がけましょう。

Q:次に生かすために、不採用になった時の理由が知りたいです。面接した企業から聞けるのでしょうか?

A:基本的には、企業には応募者からの不採用理由の開示請求に応じる義務はありませんし、応じてくれる企業はほぼないと言っても良いでしょう。

確かに、不採用になった理由は知りたいものです。しかしながら採用は、経歴や人柄やスキルなど、総合的な判断や決まった要素だけで判断するものではありません。手応えがあったからと言っても、採用にならないケースも多数あります。

採用の要素は会社ごとに異なりますが、現在は社風にあった考え方を持った人材なのか?理念に共感してくれる人材なのか?など、目に見えない判断基準を面接担当者が入れていることが多いようです。自分自身を補完するために、不採用の理由を聞きたくなるのも理解できますが、そこに囚われず気持ちを切り替えて縁がなかったと思い込み、より良い職場探しを進めることをお勧めしております!

Q:有休消化期間中に転職を決めて働きたいと思っているのですが、何か問題になりますか?

A:現在の日本では、有給消化中に転職先に入社することを禁じる法律はまだ制定されておりません。

副業の禁止を就業規則に設けている会社はありますが、基本的には、前職(在職企業)の了解があれば、この禁止規定に抵触することもありませんが、実質的に期間を重ねての就業には、いくつか問題が出てきます。

通常ですと、試用期間であっても転職先企業では雇用保険の手続きをとると思われます。つまり、現職の雇用保険を喪失していない場合は転職先企業では手続きを取ることができません。また、転職先企業に就職したにもかかわらず、有給を取得することは、同時期に2社から給与をもらうことになりますので、一般的に就業規則で禁止されている副業にあたります。よって、所得税の扱いも変わりますので、確定申告が場合によっては必要です。

その為、在職中の企業を退職した際、社会保険喪失証明書をもらい、3カ月間は国民健康保険に加入する方法をとられたほうが無難です。ただ、国民健康保険に加入した場合、支払わなければならない保険料は全額自己負担となります。その他、現在勤務している企業にお願いし、任意継続被保険者として社会保険の資格を延長してもらう方法もあります。この場合も保険料は全額自分で支払うことになります。退職に備え、こうした保険関連の仕組みも知識として備えておきましょう。
運営会社
株式会社ファクト