パチンコ 求人
>
転職支援コンテンツ
>
転職でパチンコ店が好まれる理由
更新日:2022.08.12
転職でパチンコ店が好まれる理由

『パチンコ店に転職を考えてる人』で、なかなか思い切って行動に移せないという方はいらっしゃいませんでしょうか。というのもパチンコ業界全体でベールに包まれている部分が多く、業界への転職のハードルを上げてしまっているからです。そこで今回はそのハードルを少しでも下げるべく、パチンコ業界への転職に役立つ情報まとめてみました。

 

転職を考える節目である30代

転職

30代で転職を考えるようになるきっかけ

新卒の方の中では、働き始めててからある一定のタイミングで「あれ?この職場は自分が想像していたものとは少し違うかもしれない。」と違和感を抱く人も少なからずいらっしゃります。ただ、少々の違和感ならば折角雇用されたのだからと、職場を変えずにそのまま仕事を続ける人がほとんどです。しかし、時がたつにつれ知らず知らず、どんどん違和感が増幅し、気づいた時には少なくない不満を抱きながら何年も働いているというパターンが多く見られます。

 

「転職したほうがいいのかな?」

 

とは思いながらも、実際に20代という早い段階で転職するケースは多くありません。

その理由としては、

 

「転職するタイミングがわからない」

「転職する勇気がない」

「どの職業につけばいいのかわからない。」

 

など様々です。

そもそも、転職を考えるきっかけとなる違和感とは、どういったものがあるのでしょうか。まずはスポットライトをそこに当てていきたいと思います。

 

給与面

東京都の新卒平均給与は、大卒で約23万円となってます。業種や資格有無などでこの金額はもちろん上下します。中には新卒から何十万という高額な職場もあれば、逆に最低限な給与しかもらえない職場などまちまちです。

それでは給与関係での【違和感】としてもっとも多いのはなんでしょうか?

それは、「額面」と「手取り」の間で発生するギャップです。求人票で提示されてる金額はほとんど「手取り」ではなく「額面」(基本給+各種手当)です。「額面」から社会保険料、税金などが差し引かれたものが「手取り」となります。ですので求人票の金額を「手取り」として貰えると思ってる人は、初任給をもらった時に「あれ?思っていたより少なくない?」となってしまうのです。

ただ、給料がかなりの少額でないかぎり、また家庭を持っていない20代となると、給料が思っていたものより少し少なかったとしても、それなりの生活をすることができるので、さほど問題にはならないのです。しかし、20代後半に差し掛かりいよいよ結婚を視野に入れる段階になったときに、現状の給料では物足りなさを感じることが多々あります。昇給、昇進制度などがしっかり整っていない職場ならばなおさらです。結婚とは関係なしに、より高額な職場を望む場合も転職のきっかけになります。

 

労働環境

次に挙げるのは労働環境です。

 

労働時間

まずは労働時間から見ていきましょう。労働時間で問題になるのは、過度な「残業」です。労働基準法をもとに職場ごとの規定就業時間がありますが、それを常に超過する「毎日残業」状態は問題です。少々の「残業」ならばどの職場にも見受けられますが、明らかに過度な「残業」というのは違法です。職場が「残業」を求める場合にはもちろん残業代が支払われるべきですが、それすらもないサービス残業を強いられる劣悪な職場も中にはあります。

 

福利厚生

次に【各種保険完備】【住宅制度(独身寮・社宅)】【退職金制度】【自己学習支援制度】【資格取得支援制度】などの福利厚生です。このような制度がしっかり整ってない職場では、徐々に個人への負担がのしかかってくるケースが多いです。

 

人間関係

次は人間関係です。お互い尊重しあい、和気あいあいと頑張って仕事をできる環境が理想的なのかもしれませんが、現実はなかなかそうもいきません。いくら能力があっても人間関係が原因で転職を考える人も中にはいます。上司からパワハラまがいな言動を日々受けたり、職場の輪にとけこめずに孤立してしまったり、精神的苦痛と日々戦ってる人もいます。仕事だからとわりきってできる人はいいのですが、そうでない場合はただの精神的負担でしかありません。

 

ここまで労働環境について書きましたが、次は人生設計から考えてみます。

 

人生設計

新卒の20代と30代とでは何が違うでしょか?様々な違いはありますが、その中でも家庭の有無が大きい違いではないでしょうか?もちろん中には20代で家庭を築く人もいますし、40代で結婚するひともたくさんいます。それでも社会的には30代で家庭を築く人が圧倒的に多いです。そうなってくると家族を養うために今まで以上の収入が必要になり、必然的に転職についても考えるようになります。

 

このように「給料」「労働環境」においては「あれ?この職場は自分が想像していたものとは少し違うかもしれない。」と思いつつも同じ職場に居続けた結果、30歳手前になってしまい、20代から30代へと切り替わるきりのいいタイミングで転職をする人が多いです。「人生設計」においても20代と30代の境目がちょうど30歳前後というのがわかります。以上のことから、世間一般的に30歳が転職の歳と言われる所以と言えるでしょう。

 

それでは、30歳で転職するならばどんな職業がおすすめなのでしょうか?

 

転職をするならばパチンコ店

パチンコ店などんな職場?

まずはパチンコ店はのどような職場なのでしょうか?見ていきましょう。

 

雇用形態

パチンコ店の雇用形態としては、大きく分けて「正社員」「パート・アルバイト」「短期バイト」に分かれます。※ホールにより異なります転職で正社員になった場合正社員は基本8時間労働で、月8日の休み、ボーナス有りの場合が多いです。福利厚生はしっかりしており、独身のための寮まで設置しているパチンコ店もあります。頑張り次第では若くして出世する事も可能で、30代で店長という方も少なからずいらっしゃいます。

 

業務内容

それでは実際にパチンコ店ではどのような業務を行うのでしょうか。

 

ホール業務

来店したお客さまの対応やサポートを行う業務です。お客さまが困っていないか、不正行為はないかなどを見守る役割もあり、アルバイトも多く活躍する業務です。
なお、パチンコの玉運びもホール業務の一環ですが、最近は台ごとに自動計算機が付いている店舗も増えているため、スタッフによる玉運びが必要ないこともあります。

 

カウンター業務

持ち玉やメダルを景品に交換する業務です。
併せて、景品の在庫管理や棚卸などの業務も行います。店舗によっては専任スタッフを配置しているところやホールで経験を積んだスタッフを配置しているところもあります。

 

カフェ業務

パチンコ店内にカフェが併設されている店舗において、お客さまへの声掛けをしたり注文があったドリンクを提供したりする業務です。店舗によってはカフェ業務を外注する場合もあります。

 

清掃業務

パチンコ台や通路、トイレなどの清掃を行う業務です。カフェ業務同様、店舗によっては外注することもあります。

 

休暇・残業

正社員として働いた場合、月にどのくらい休みがあるのでしょうか。

 

休日

パチンコ店の営業は年中無休が一般的ですが、新台入替の前日を定休日としている店舗もあります。週1~5日のように、スタッフによって希望の勤務日数が異なるため、休日の日数や曜日が変動します。

 

残業

パチンコ店の営業時間は地域の条例にもとづいて決まっており、お客さまの出玉の状況に合わせて営業時間を伸ばすことはできません。ただし、新台入替やイベントの前日は、営業時間後に機器の搬入を含む準備作業が必要になるため、正社員の場合は残業が発生することがあります。

 

給料

次に給料はどのくらいでしょうか?パチンコ店の平均的な給料はだいたいこのくらいです。

 

[給与]

月給220,000円~240,000円

[高卒]月給220,000円

[短大・専門卒]月給230,000円

[大卒]月給240,000円

 

さらに年収を一般平均でみると

一般:年収約350万~400万

役職:年収約400万~600万

店長:年収約600万~800万

それくらいパチンコ店の給料というのは魅力的です。さらに年数回の昇給・賞与までついてきます。これにプラスして土日手当や職務手当などの手当がつきます。

 

安全な職場

コロナ禍でも比較的安全に働くことができ、安心な職業です。

 

徹底したコロナ対策

昨今から続いているコロナの苦い経験から、どのホールでも感染防止対策を徹底的に講じてます。消毒、換気はもちろんの事、空き台の消毒、台ごとにパーテーションをおいてる店舗も少なくありません。

また数十年前と比べてホールもどんどん進化をしています。その結果、コロナ対策にもつながっている点が少なくありません。

 

進化していくホール

現在ではドル箱を積まずに、自動計数機を採用している店舗も少なくありません。その結果、不特定多数の人が玉にさわるということがほとんどありません。また、ホール内は禁煙になったので、副流煙にのってウイルスが拡散されることがほとんどありません。よって、コロナの陽性者が出たとしても同じホール内にいた人が濃厚接触者となるケースは稀で、パチンコ店が臨時休業になるということも基本的に起こりえません。ですので、お客様も安心に遊戯をできるばかりでなく、店舗側スタッフの安全も保障されてるといえます。

 

転職でパチンコ店で働くメリット

収入

メリットはまず、高額な収入を得られることです。転職でパチンコ店に勤めたとしても、頑張りによっては数年で役職につく可能性もあります。

 

人間関係

前職での経験もあり、また人生経験も新卒に比べて豊富な面から、職場でも頼りになる存在になれると思います。またこれは「違和感」の部分でもまとめた「人間関係」の部分につながります。職場で頼りにされることが多く、また比較的若い世代の多いパチンコホールで人生経験が豊富な分、精神的にも落ち着くケースが多いと思われます。結果、円滑な人間関係を結ぶことも決して難しくはありません。

 

労働環境

また、パチンコ店はほとんどが健全な労働環境におかれてます。たまに残業などもありますが、過度な残業などはほとんどありません。

さらに福利厚生も充実しています。

 

転職のしやすさ

また、パチンコ店は転職しやすいというのもメリットです。転職の際にネックになるのが学歴・経験とかですが、パチンコ店の求人は基本的に『学歴・経験不問』のケースが多く。資格も必要がありませんし、未経験でもOKの場合がほとんどです。

 

パチンコ店に転職するメリット

・高い給料を得られる

・前職の経験をもとに良好な人間関係を築ける

・労働環境が健全である

・学歴・経験不問で転職しやすい

 

転職でパチンコ店で働くデメリット

年下上司

パチンコ店は頑張りによっては出世が早いという特性があります。ですのでパチンコ店に転職した際に、年下だけど班長や主任といった上司という、いわゆる「年下上司」がいる可能性があります。それが気にならない人にとっては問題ではありませんが、気になる人にとっては乗り越えていかなければならない障害ではあります。

 

肉体的負荷

ホールが進化し、肉体労働が減ったにしろ、長時間をホールで過ごしてたら20代の時に比べ、30代がもちろん肉体的負荷は相対的に大きくなるのはやむを得ない所ではあります。

 

精神的負荷

また、パチンコ店特有の光や音などによる『精神的ダメージ』は少なからずあるかもしれません。

 

以上のようにデメリットの部分を差し引いても、パチンコ店への転職がかなりのメリットがあるというのがわかります。

 

パチンコ店への転職

30歳で転職をする人がたくさんいますが、必ずしも30歳で転職をしているわけではありません。中には20代前半で転職をする人もいれば、40代、さらには50代で転職をする人もいます。20代、30代、40代・・・とあらゆる世代が転職をしています。どの世代で転職をしても、パチンコ店がとても魅力ある職場であることに変わりありません。

 

まとめ

転職について考えているならば一度パチンコ店に足を運んでみてはいかがでしょうか?メリット多い、とても魅力的な仕事と言えます。パチンコ業界は30歳前後のみならず、20代、30代、40代などあらゆる世代の転職者をお待ちしています。



Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/fact0829/p-heros.com/public_html/wp/wp-content/themes/pachinkoheros/single-support.php on line 73
就職・転職情報だけでなく
仕事術トレンド記事も随時更新!
パチンコヒーローズとは
パチンコ業界の求人をお探しならパチンコヒーローズ あなたにピッタリの仕事が見つかります
パチンコヒーローズは、パチンコ店従事経験者が運営する就職・復職・転職のための求人サイトです。掲載している求人は、すべて契約企業から寄せられた正規の求人情報です。応募いただいた内容をもとにキャリアコンサルタントがスムーズに転職・復職を支援します。
業界経験者のキャリアコンサルタントがサポートするので仕事探しがスピーディーに進みます
パチンコヒーローズに掲載されている求人は、すべて契約企業から寄せられた正規の求人情報です。応募いただいた内容はキャリアコンサルタントを通じて、スムーズにエントリーできます。また、キャリアコンサルタントから個別にスカウトや、希望に合った求人がメール・LINEで届くので、多忙な方でも登録するだけで手間なく仕事を探すことができます。
就職・転職情報だけでなく
仕事術トレンド記事も随時更新!
パチンコヒーローズへの会員登録をしなくても何か気になることがある方は株式会社ファクトのLINE公式に登録してお問合せください!様々なお仕事をご案内しております。
運営会社
株式会社ファクト